パスポートの申請

海外旅行に欠かせないのがパスポートです。申請時に必要な書類や、注意事項などを説明します。

海外旅行プランを立てたらまず必要になるのがパスポートです。
これがなければ外国に入国するどころか日本から出国することさえできません。
国外に出ると、唯一の身分証明書になるとても重要な必需品なのです。
旅行の日程が決まったらできるだけはやく申請書類の準備をしましょう。

申請に必要な書類です。
【一般旅券発給申請書……1通】
各都道府県の旅券発給窓口で入手可能です。10年有効旅行券・5年有効旅行券があります。
申請書が異なるので注意して下さい。
※20歳未満の場合、5年有効パスポートしか申請できません。

【戸籍謄<抄>本……1通】
6か月以内に発行されたもの。
同一戸籍上にある二人以上が一度に申請する場合は1通で可能です。
発行は、本籍地の市区町村の役所で行ってください。

【住民票のコピー……1通】
6か月以内に発行されたもの。本籍が掲載されているもの。

【印鑑】
身元確認で印鑑登録証明書を提出する場合は、登録されている印鑑が必要です。
通常使用している認印でかまいません。ただし、スタンプ式ゴム印は使用できません。

【写真……1枚】
6か月以内に撮影したもの。サイズはタテ45mm×ヨコ35mm。顔のタテの長さは写真タテ(45mm)の70~80%(34±2mm)。正面、無帽、無背景。カラー、白黒どちらでも可能です。※裏面に申請者の氏名を記入をします。

【官製はがき(未使用のもの)……1枚】
表面に申請者の郵便番号を含む住所と名前を書いたもの。
後日、旅券課からこのはがきに受領日のついての案内が記載されて郵送されます。

【本人確認のための身分確認書類……※1点または2点】
写真が添付された証明書。すべてコピーは不可で、原本を呈示が原則です。

※次のものは1点
・運転免許証   ・宅地建物取引主任者証  ・船員手帳
・海技免状    ・猟銃空気銃所持許可証  ・戦傷病者手帳
・電気工事士免状 ・無線従事者免許証    ・検定合格証(警備員)
・耐空検査員の証 ・航空従事者技能証明書  ・運航管理者技能検定合格証明書
・認定電気工事従事者認定証  ・特種電気工事資格者認定証
・動力車操縦者運転免許証   ・教習資格認定証(猟銃の射撃教習)
・官公庁等職員身分証明書(写真のはってあるもの)

※次の物は2点(aとa または aとb)
《a》
・健康保険証   ・国民健康保険証   ・共済組合員証   ・船員保険証
・国民年金手帳(証書)  ・厚生年金手帳(証書)  ・船員保険年金手帳(証書)
・共済年金証書  ・恩給証書   ・印鑑登録証明書+実印(印鑑登録カードでは不可)

《b》
・写真の貼ってある会社の身分証明書 ・写真の貼ってある公の機関が発行した資格証明書
・写真の貼ってある学生証  ・有効期間の切れた日本国旅券(本人を確認できるものに限る)

申請書に書いたサインはそのままパスポートに転写されるので、絶対に間違えないように記入して下さい。サインは、日本語でもローマ字でもどちらでもかまいませんが、T/C(トラベラーズチェック)やクレジットカード使用時にするサインは、パスポートと同じであることが原則ですので、2度と書けないようなサインをすると後で大変なことになります。

Yahoo!News